iPad・iPhone関連

2011年1月 3日 (月)

REIKOさんおススメのアプリたち②

アプリたちその2です。(*^_^*)

① ではワタシがまず落とした基本のアプリを紹介しました。
今回は、実際に講演やセミナー、講義・授業などで役立ちそうだと落としたものです。
現在、キーボード付きのiPadケースを使い始めてからは手書きのアプリはあまり使わなくなりましたが、それでも役立つものなので、ご紹介しましょう。

SoundNote
Soundnote

このアプリは大活躍しております。特に、キーボード付きケースにしてからは、ノートPCのように使えるのでセミナーには必需品です。
録音、撮影禁止の講演会などではもちろん使いませんが、勉強会や説明会などでは録音と筆記が同時に出来るので助かります。録音はかなり性能が良いです。また、筆記している場所をタッピングしたら、そのあたりで録音したところに飛ぶこともできます。授業などにも役立つアプリ。ワタシはおススメです。
(でも、録音してもいいかのマナーは守りましょう)(*^_^*)

RecFinger
Recfinger

これもSoundNoteと同じように、録音と筆記が同時に出来るアプリです。これは手書きです。手元で大きく書くことが出来て、スラスラと続けて書いていくことが出来ます。消しゴムが付いていたら、もっと便利だなって思います。手書き用のペンももっているので、それを使って書くと、紙のノートに匹敵します。これも便利です。


Noteshelf
Noteshelf

これはまるで自分専用の本箱を所有しているような心地よさです。用途によって何冊でもノートを使い分けることが出来て、本箱に保管できます。そしてこれは手書きアプリですが、スグレモノだと思うのは、「誤タッチ防止」があること。ノートの右端にガイドのように誤タッチ防止の赤いピンが出てて、そこから下に手を当てても、間違って書き込んだりしないようになってます。だから、安心して手を乗せて、書くことが出来ます。ちょっとしたことだけど、こういうのって、ストレスを感じません。これは消しゴムも付いてますし、一斉に消すことも出来ます。

Touchwriter
Touchwriter

これも手書きアプリです。これも消しゴム機能がついてないのが残念なんですが、その分、一字ごとに入力することが出来ます。昔からある、電子手帳の手書き入力のイメージです。

Novelist!
Novelist

これは、原稿を書いたりするイメージの縦書きアプリです。キーボード入力です。
実はワタシ、ポチポチと書いてるものがあって(笑) それを原稿用紙に書くイメージで入力できるので,気に入っています。作家の気分を味わえます(笑)
こちらもキーボード付きのケースを手に入れてから、利用頻度が増えました。

もちろん他にも入力アプリがたくさんあって、手書きアプリもキーボード用も、けっこうダウンロードしていますが、お蔵入りのものが多いです。(笑)
その中でも、上記のものをよく使っています。

| | コメント (0)

REIKOさんおススメのアプリたち①

先日のATACのときに、ロビーでお茶を飲みながら、私設iPad・iPhone講習(笑)をしていたワタシです。
そのときに、だいぶ一期一会にココロが動いた友人たちから、
おススメのアプリを紹介してほしいと言う要望をもらっていたので、時間の合間に少しずつアップしてみようかな?って思っています。

とりあえずREIKOさんが使ってみて、これはいい!と思ったものをあげていきますね。
お楽しみに~(~o~)

まずはiPadに入れてるアプリたち
<ビジネスに役立つもの 基本的に使うもの>
さいすけ
Photo

実はもっと好きなアプリがあるのですが、iPadには対応していないので、iPadのほうではスケジュール管理用として「さいすけ」を使っています。
Googleカレンダーと同期して、便利に使っています。
特に便利なのが、ノブ父のカレンダーと私のカレンダーを同期している点。
お互いのスケジュールを入れることによって、家族の予定のブッキングを防ぎます。
カレンダーの中に住んでる息子を持つ我が家としては(笑)これは、絶対にはずせないアプリです。

Keynote
Keynote

ウインドウズでいうところのパワポの役割を果たしてくれます。
PCで作ってるパワポのファイルを下にあるGoodReaderなどのアプリを通してKeynoteに入れ、プレゼンを行うことも出来ます。正直、まだiPadだけでのプレゼンは少々コワいので、実際には一度しか実践したことがありませんが、使いこなすとけっこう便利だと思います。フォントの自由がないのが難点、かな?

Evernote
Evernote

PCのファイルやiPhone、iPadで連動しておくと、いろんなファイルを共有することが出来る便利アプリです。
DropboxやCloudReadersもおなじ役割ですが、いくつかのアプリを入れてみて、使い勝手やそのときの必要性で使い分けています。

GoodReader
Goodreader1

実はPCの中のファイルを転送したりするのに、一番よく使っているアプリです。これなくしては、iPadはただの箱(笑)って感じるほど便利なアプリ。
ワタシは本を裁断して自炊して電子化していますが、それをまずGoodReaderで読み込んで、i文庫に移しています。他にもやり方があるかもしれませんが、私はこのやり方が一番やりやすいです。
いろんなファイルをここで読み込み、ここを経由していろんなアプリに振り分けています。

Dropbox
Dropbox

実際はあまり使っていませんが、Evernoteと同じく、ファイルの共有に使います。

Pages
Pages

ウィンドウズでいうところのワード的な働きをします。使いこなすと、おそらくワードよりも使いやすいのでは?ワタシはとてもワードが使い慣れてるので、これも慣れが必要、かも。
これから使いこなしたいアプリです。

Numbers
Nembers

ウィンドウズでいうところのエクセルと同じような役割をするらしいアプリ。実は落としてはいますが、私自身エクセルもあまり使わないので、使い勝手はこれからです。

CloudReaders
Cludreaders

これもEvernoteと同じく、ファイル共有アプリです。これらのアプリのおかげで、本体が重くならずにすみます。

iPhoneやiPad、PCに詳しい方々なら、きっといろんな専門的な言い方があるのでしょうが、ワタシはそういうのまったくわからずに、使い勝手で選んでいるので、おかしな表現があったらごめんなさいです(笑)

とにかく、道具は愉しく使う、が、私のモットー(~o~)heart04

次回は、REIKOさんの趣味につながるアプリたちをお届けします。


| | コメント (0)