日記・コラム・つぶやき

2012年6月 4日 (月)

もう一つのブログが主になりそうです

アメブロとココログの二つを使っていましたが

ボチボチ絞ろうかと思ったりしています。

ここも活かしてて、時々書き込むこともあるかもしれません。

でも、

きっと こちらの方が活発になると思います。downwardleft

「ノブと伽羅と、時々REIKO〜PART2〜」

両方覗いていただけると、嬉しいな。(^o^)heart04
おそらくこちらの方は、Twitterの記録が主になりそうな予感(笑)

| | コメント (2)

2012年6月 2日 (土)

心の洗濯〜(^o^)

なんか、疲れが吹っ飛びましたわ。



年に一度の、わがやの家族旅行。











4年近くも通ったら、

すっかり自分たちの別荘みたい(笑)








バーベキューの準備もして、いっぱい食べた食べた(^o^)








 ベランダからは、目にも優しい緑、緑。



ま、これは我が家からも同じ風景だけど(笑)気分は違う。



すっかり、生き返りましたわ。


| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

金環日食、プロ仕様のカレの趣味(笑)

コツコツ、お小遣いで
そろえていったらしいです。

けっこう
プロ仕様みたいになってるらしい(^o^)

趣味って、大切だもんね(笑)

Img_6119


Img_6120


| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

もう少ししたら、ゆっくりと・・

12日に実家の父が亡くなって、15日の告別式を経て、
昨日ずっと留守をしていた自宅を片付けて、
今日から日常に戻そうと思っているけど、

その間に、できなかったレジュメ送付や、原稿作成など、
あ、NPO法人の方の提出書類作り、総会資料、等々・・

そして、これからしなければならない父の書類関係。
香典整理

もう少ししたら、ゆっくりと
ブログ書き込めると思います。

今しばらく、お休みですわ(^0^;)

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

一歩遅かった(^0^;)

やはり、思ったときにやっちゃえば良かったんだよねぇ。

よし!と思ったときは、

一歩遅かったよ。

でもね、

そういうときは、

それは、違ったんだよ、それじゃなかったんだよって


思うことにしているから、
大丈夫(^o^)

必ず、タイミングが合う。
必要なときは、条件がそろう。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

ノブ、ご帰還(^o^)

ショート先から帰る途中の峠のコンビニ。



ファミリーマートによって

アイスを買うのは、いつも通り(笑)








私は久しぶりに、FAUCHONの抹茶ラテにしてみた。(^o^)

抹茶の味が濃くて、美味しゅうございまする。


| | コメント (0)

伽羅さんの三日天下

・・・は、

まもなく終わります(^o^)heart04

実は、カノジョは、
ノブがいないと、寂しいのであります(笑)

今日、ノブが帰ってきたときの喜びようが、
今から目に浮かびまする(^o^)note

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

一期一会の神、降臨!うひひ(^o^)

きたきた〜(^o^)



私の趣味は、そう、映画鑑賞。

でも映画館にはなかなか行けないから、8畳間にシアタールーム作ってました。



100インチのスクリーンに、プロジェクター、シアターセット。

部屋を暗くして、満喫しておりましたが、

その部屋がオットの趣味部屋となりまして、私はあえなく撤退(笑)

2階の部屋を片付けたら作れるけど、

あの樹海(笑)はどうしようもない(@@;)



で、見つけたコイツ



「YAMAHA YAS-101」








なかなかいい音です。

簡単に取り付けられるのが嬉しい。

ノブのテレビの方が大きいし、あちらにはAppleTVつけてるから、

映画ダウンロードしたときは、あちらに移すことも簡単。



とりあえずは私のテレビにくっつけて、録画したものをここで観る。うふふ








で、2階で眠ってたサブウーハーをつけたら、下から響く〜(^o^)

いい感じ。



ここだと、いろんなことをしながら、映画鑑賞できるね。

嬉しいわん



| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

私の立ち位置

私は専門家でもなく

発達障害や自閉症について、何でも訳知りなわけでもなく

自分の知りうる情報に基づく自分の考えを断言して、人に伝えるほど傲慢でもなく

人のやり方を批判するほど経験豊富でもなく

ただ

ノブの母親なんです。

ずっと死ぬまで、

ノブの母親であり、彼を見守り、導く、指針でありたいと思っているだけです。

親は星の数ほどいて
子供も星の数ほどいて

でも

その親の子供は障がいがあるなしにかかわらず、唯一無二で・・。
親にとっては自分のDNAを引き継ぐ人であり、
障がいを云々言う前に
自分の性格、体格、気質を引き継ぐものだと言うことを忘れたら、
傲慢な子育てになってしまうかもしれない。

私は

ノブが自閉症であろうとなかろうと

ノブの母親だから

彼が社会で生きていくために必要な「人とあわせる技」「我慢する心」「自分を律する術」などを
彼にわかるように、彼にできるように、
教えていくだけなんだと思う。

彼が生きやすい毎日の工夫やコミュニケーションの方法は、空気と同じように当たり前に彼の周りにある。それを伝えるための工夫はコツコツを積み上げてきた。
ま、当たり前に子育ての中のアイデアとして存在するわけですな。

自発性は、実現可能の範囲内で好きなように身につけていけばいい。
心配しなくても、自発性は充分にDNAの中に組み込まれてる(笑)
自己主張やプライドなども、充分にDNAの中にあふれてる(笑)

ノブは離れ小島で暮らすのではなく、
社会の中で生きていくのだから・・。

まずは律するをことを伝える・・・
私は、そういう母親です。

| | コメント (0)

判断基準

結局のところ、

自分の子育てを基準として

アドバイスすることしか

できないんだわsweat01

だから、

人によって言うことが違うの

当たり前(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧