« 執着心 | トップページ | ノブナビ、で行く(笑) »

2011年7月24日 (日)

アナログ放送終了

今日7月24日日曜日午後12時。

TVのアナログ放送が終了しました。
2年くらい前からすでにデジタル放送を観ていた我が家ですが、
やはり、アナログ放送が終了するときに、感慨深くなります。

私がテレビを見るようになったのは、おそらく物心つくかつかないか…という3、4歳の頃だったんじゃないかと思います。
まだまだテレビは貴重品で、各家庭にあるものじゃない。そんな時代でした。

近所の家にあるテレビを見せてもらうために、姉と二人で出かけて行って、そこの悪ガキ(笑)にオモチャのバットでポコポコ頭を叩かれながら(笑)半泣きになりながらもテレビ観たさに出かけて行ってた私たちを見かねて、その頃はまだまだ薄給だった親が、テレビを買ってくれたのを憶えています。

もちろん、テレビの形やそのときの周りの状況などはあまり憶えてないけれど、そのときの両親の気持ちを子供ながらありがたいと思ったのは、今でも忘れませんね。)^o^(

それから、テレビはいろいろと形を変えて、我が家の居間の主役になってました。

実は父も母もけっこうテレビ好きで、もちろん、私や姉もテレビ好きで…
今みたいに、朝から晩まで番組をやってるわけではなかったけど、気がつくと必ずテレビはついていました。

お座敷テレビっていう時期は、テレビに扉がついてたり(笑)ついてない時も緞帳みたいにキレイな布をかけていました。

そうやって、とっても大事にしていたなぁ〜
今も大事にしてるなぁ〜(笑)

浅間山荘事件のときは、テレビの前で釘付けでした。
あの事件が四国で起きたら、父もあの場にいたのか…と思うと、身体が震える思いで観てました。
あの放送は、一生忘れないほどの強烈なものでした。
今のマスコミのように、センセーショナルに煽ったり、ドラマチックに演出したりしていない、ダイレクトな怖ろしさ、緊張感が伝わって来て、良かったです。

その意味では、だんだんテレビは感情や思想まで、下手するとミスリードしてしまう危険性が増して来ている気がします。

太陽にほえろ!のジーパン刑事の殉職シーンは、もちろんまだビデオなんてなかったので、音だけでも録りたいと、みんなに静かにしてもらってて、ラジカセで録音したのを憶えています。
ああ、懐かしい。(^∇^)

昭和天皇の病状を逐一伝えてくれたのも、テレビでした。

昭和天皇の大喪の礼は、テレビの前で正座して、お見送りさせていただきました。

他にもいろいろ、いろいろ…

衝撃的な3、11の映像も、テレビが伝えてくれました。
複雑な気持ちながら、それでも、冷静に伝えることの必要性も感じました。

インターネットが当たり前になって、
スマートフォンが当たり前になって、
どんどん情報の環境が変わっていって、便利になって…

私は、これからもそれを享受していきます。
楽しんだり、参考にしたり、考えたりしていくでしょう。

もしかしたら、これからは、情報は相互性になって来て、こちらからの発信もどんどん増えてくるんだろうな。
(すでにやってる気もするけど(笑))

とにかく…

アナログ放送、ありがとうございました。
今までお疲れさまでした。
いっぱいいっぱい、楽しませてくれて、考えさせてくれて、情報を与えてくれて、

ありがとう〜 (^∇^)heart04

これからも、テレビは大事なお友達(笑)


1311480121759.jpg
~アナログ放送終了の朝~


1311480126345.jpg
~さようなら、アナログ放送~


1311480126804.jpg
~終わったのね~


1311480127661.jpg
~今夜の0時には、こうなるのね~

|

« 執着心 | トップページ | ノブナビ、で行く(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 執着心 | トップページ | ノブナビ、で行く(笑) »