« ケア会議 | トップページ | あなたたちはひとりじゃない »

2011年3月12日 (土)

テレビ番組

胸が押しつぶされそうな映像。

たくさんの人の安否。

仙台や福島には、講演で知り合った人たちも、先生方もいる。

私たちは気になるからテレビは小さな音でつけっぱなし。

でも、

ノブのテレビでは、

いつもどおりの高校野球のビデオを流してる。

通常番組で、観たいものがないストレスも、
いつもどおりの高校野球のビデオを流して、スルーしてる。

好きな番組の録画は、大事だとつくづく思うわ。

どうしても、緊迫感は彼に伝わるから、
それを映像で刷り込まないようにしたい。

私たちのテレビでつけているチャンネルはNHK教育の安否情報。
ここが一番、静かに的確に必要な状況を伝えてくれる。

民放のヘリコプターがバリバリとセンセーショナルに状況を伝えているのを観ると、
それ以前に、ひとりでも助けろよ!と不快になる。

こういう状況のときにこそ、静かに的確な情報の流し方があると思う。

|

« ケア会議 | トップページ | あなたたちはひとりじゃない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケア会議 | トップページ | あなたたちはひとりじゃない »