« 分け合う、ココロ | トップページ | 歴史に残る選手宣誓 »

2011年3月23日 (水)

ココロとともに、託して送り出す

ノブの母校のN先生(今は違う学校に勤務されてるけど)が、被災地に支援ボランティアとして行かれると聞いた。

被災地の自閉症の子供たちに届く機会だと思い、家の中をゴゾゴソ探して(笑) いろんな支援グッズをかき集めた。


1300858976531.jpg


まずは、イヤーマフ。
ノブのためにと買ってみたけど、彼はこの締め付けが苦手らしく、使うことはなかった。
で、ほこりをかぶっていたので、それを急いできれいにお色直し(笑)

そして、チェキ。
これはずいぶん活用しましたわ~。きっと役に立つことでしょう。
現在、ポラロイドPOGOを手に入れているので、ワタシはそれを使えばいい・・・ってことで、フィルムと一緒に(*^_^*)
ちょうど電池も入れ替えたばかりだから、切れることはないでしょう。

ほかには、ふぁみりぃNOTEで販売しているビニールポケットカレンダーの在庫が5本あったので、お買い上げ~

それと一緒に廃盤になったかくれんぼうもつける。
めもりんぼうも必要でしょうね。あると便利。

人に託すときに、簡単なサポートペーパーになるだろうから、サポートブックの雛形@REIKOもお仲間入り。

おめめどうで、ノブ用に買ってたみとおしメモやおはなしツイン。
これは切れればまた自分で買えばいい。
ってことで、これも入れちゃえ!(^o^)

ハルヤンネさんが冊子化する前に、公開してくれている「非常時にすること」の分かりやすいファイルもUSBメモリーに入れて、一部印刷して、一緒に入れました。
これは絶対に役立つ。

そんなこんな、いろんなものを放り込んで、N先生のところに届けました。

一般的な支援物資では、おそらく想像もできないだろう支援グッズたちが、いつもと違う環境で、それだけで不安定になっている自閉症の人たちにとってどれだけ大切なものか。知らない人の方がはるかに多い。

見通しのある、コミュニケーションのとれる、最低でもそれが可能な環境づくりの、役立ちの一つになれれば嬉しいな。

ふぁみりぃNOTEの売り上げにもなったし、ね(笑)

がんばろう、みんな。
ふんばろう、みんな。

日本のいろんな地域のすべてで、東日本を支援しています。

N先生、荷物いっぱいになるけど(笑)ヨロシクです。(^o^)


東北地震犬猫レスキュー.com

|

« 分け合う、ココロ | トップページ | 歴史に残る選手宣誓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自閉症者の支援に行かれるんですね。少しでも多くの自閉症を初めとする障害者を救って欲しいという気持ちです。
現地の方からの聞いた限りでは、やはり避難所には入れない方が多いとか。物資も届きにくい環境で過ごさざるを得ない状況が続いているそうです。そういった方が、少しでもみなさんと同じように過ごせるようになることを願っています。
ハルヤンネさんが発信してくださった『支援と工夫』。私も早速、のびのびくらぶのみんなと児童デイ、そして 友の担任に渡しました。

投稿: ともmama | 2011年3月24日 (木) 10:04

>ともmamaさん

ハルさんの冊子、超特急で完成に近づいているみたいですね。(~o~)

自閉症防災ハンドブックと一緒に、手元においておくべきものです。

投稿: REIKO | 2011年3月26日 (土) 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分け合う、ココロ | トップページ | 歴史に残る選手宣誓 »