« 苦手なもの | トップページ | なるほど »

2010年7月 6日 (火)

「海洋天堂」を日本で観たい!絶対観たい!


まっぴさんのコメントで、こんな映画の存在を知りました。

以下転載

・・・・・・・
REIKOさん、はじめまして。

ブログの内容と関係なくて申し訳ないのですが、「ぼくはうみがみたくなりました」と同じように自閉症を題材とした映画を紹介します。


中国のアクションスター、ジェット・リーが、アクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が現在中国・香港・台湾で公開されています。
以下URLは映画「海洋天堂」の 公式サイトです。(中国語)
http://oceanheaven.yule.sohu.com/

こちらの公式特集サイトでは、「海洋天堂」のシーンや出演者の写真やなどを見ることができます。中国語ですが、映像や写真からこの映画の雰囲気は伝わります。
http://yule.sohu.com/s2010/oceanheaven/


日本語の記事です。

「【華流】ジェット・リー、新作『海洋天堂』は親子愛の感動映画」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0509&f=entertainment_0509_015.shtml
「ジェット・リーがカンフーを完全封印!3年ぶり主演映画はがん患者に」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42765&type=5


この映画の音楽担当は、あの久石譲さんだそうです。医学監修には日本人も関わっているそうです。
しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があり、日本での公開は難しいかもしれないそうです。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』というプロジェクトが始まったそうです。以下URLはこのプロジェクトのサイトです。
BBSでメッセージを募っています。たくさんのメッセージが集まれば、日本公開につながります。もしよろしければ、ご協力をお願いします。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/

以下は、「海洋天堂」のストーリーです。(いろいろな日本語のサイトの情報を集めたものなので、実際の内容と違う箇所があるかもしれません)


水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。

大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。

大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。

そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…

・・・・・・・
転載終わり


私自身、ジェット・リーのファンです。
大好きな俳優さんです。

観たい、観たい・・・・!!!!

絶対に観たい!

|

« 苦手なもの | トップページ | なるほど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

REIKOさん、映画「海洋天堂」をブログで紹介していただき、ありがとうございました。

REIKOさんがジェット・リーのファンとは全く知らずにコメントを書いていました。
お役に立てて光栄です。

このブログをご覧の皆さんも、「海洋天堂」を観たい!と思った方は、『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』のBBSにぜひメッセージをお願いします。

BBSへの直接リンクです
http://oceanheaven.amaterasuan.com/message/topic.cgi

投稿: まっぴ | 2010年7月 6日 (火) 18:50

私もこの映画、気になっていたんです!
もとは華流の迷(ファン)でしたのでcatfaceだって…華流俳優って、何気にイケメンなんですもの(笑)
ジェット・リーがこの映画に取り組むことは聞いていましたが、いよいよ公開なんですね。
ぜひ日本で公開してほしいですね。

投稿: ともmama | 2010年7月10日 (土) 22:25

>まっぴさん


そうなんです(^・^)
ジェット・リーは大好き。

予告見ただけでも、彼とはすぐにわからないくらいの役作りですね。
それだけ、力を入れてる映画なんだと思います。

ぜひ、観たいです。

投稿: REIKO | 2010年7月12日 (月) 23:02

>ともmamaさん

うん、なにげにイケメンが多いです(笑)
そして演技がうまい。

公開の話題、ときどきネット上で取り上げられてますね。
もっともっと、話題になるといいのに。

投稿: REIKO | 2010年7月12日 (月) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦手なもの | トップページ | なるほど »