« 4月20日のつぶやき集 | トップページ | 4月21日のつぶやき集 »

2010年4月21日 (水)

ノブの母校に行ってきた

今日、所用があって久しぶりにノブの母校「香川大学教育学部附属特別支援学校」に行った。

ホント久しぶりだったけど、門をくぐると、思わず笑顔になる。
警備員さんも顔なじみ。
「こんにちは~(*^_^*)」の顔パス(笑)

事務の職員さんも長く長く、顔なじみ。
ノブが在学中からだから、ホント、20年近いよね。

先生に頼まれたものをお届けしたのだが、小学部も中学部も、忙しそう。(笑)
高等部は2階だから、すぐにはわかんないけど、きっと同じく忙しいだろうと思う、先生方は。

事務の職員さんと玄関口で話をしていると、
ピッカピカの小学一年生の男の子が。ピッカピカのジャージを着て(*^_^*)、先生を従えて(笑)歩いてきました。
まあ、可愛い。

先生は子供と手はつないでいない。
少し離れて、でも離れすぎないで、影のようにフォローしている。
ああ、ノブもああしてくれてたよね。
そんなことを思い出す。(*^_^*)

そんなちっちゃな一年生の横を、高等部の生徒が手に小さなスケジュールを持って、職員室に消えていく。

全員で60人ちょっとの小さな学校。
先生の数も、県立の学校よりは少ない。

でも、きめ細かい指導の雰囲気は、あいかわらずだなぁって、うれしくなる。

玄関周りを行きかう先生方も、どこかで見かけた先生(笑)。異動で顔ぶれは変わっても、どこかで出会ってる先生が多い。小さな県の特権だね。

そして、顔なじみの先生は、必ずノブのことやノブの仲間たちのことを気にかけて、近況を尋ねてくれる。
実際に、ふぁみりぃNOTEに顔を出してくれたりもする。

卒業してからも、どこかでつながっている。それがありがたいし、心強い。

たまにこうやって、ノブの母校を訪ねると、変わらぬ空気にホッとする。

学校の選択はいろいろあるだろうし、それぞれの考えもあるから、それは親や周りの人が本人に合わせて決めていけばいいと思う。だから、学校選択の相談には、ワタシは明確なことは言わない

ノブ君は?ときかれたら、

胸を張っていえる。

ノブの母校は、ステキだよ。(*^_^*)heart04

|

« 4月20日のつぶやき集 | トップページ | 4月21日のつぶやき集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月20日のつぶやき集 | トップページ | 4月21日のつぶやき集 »