« 久しぶりの夜遊び(笑) | トップページ | 鬼の霍乱ひさしぶり »

2010年2月 7日 (日)

内山登紀夫先生講演会のお知らせ

TEACCHプログラム研究会香川支部のお知らせです。

非会員さんも参加できる、絶対におススメの講演会。

TEACCH研会長の内山先生が香川に来ます!この機会にぜひ!

で、この記事がしばらくトップになります。

以下、香川支部からの転載です。

TEACCHプログラム研究会香川支部HP

・・・・・・・・・・・・・・・・・

自閉症療育者のためのトレーニングセミナー in香川 開催記念公開講演会
主催:TEACCHプログラム研究会香川支部
後援:香川県教育委員会・臨床発達心理士会中四国支部
 
 

「こんなときどうする? 発達障害のある子への支援

~アスペルガー症候群(高機能自閉症)・ADHDを中心に

                講師 : 内山登紀夫 氏

<TEACCHプログラム研究会会長 福島大学大学院教授 よこはま発達クリニック院長>

 
 TEACCHプログラム研究会本部主催の自閉症療育者のためのトレーニングセミナーが17年ぶりに香川で開催されるのを記念して、今年度の公開講演会は、自閉症など発達障害臨床の第一人者で、TEACCHプログラム研究会会長でもある内山登紀夫先生を講師にお迎えして開催します。

 講師の内山登紀夫先生は、児童精神科医として東京都立梅ケ丘病院などで、多くの発達障害の子どもたちを診てきています。現在、院長を務める横浜市の「よこはま発達クリニック」は、全国から診察希望者が訪れています。また、TEACCHプログラム研究会の中心メンバーとして、自閉症の人への治療と教育の支援プログラム「TEACCH」を日本全国に紹介し、自閉症の特性に合わせた支援の普及に尽力されてきました。

 今回の講演会では、知的障害を伴わない自閉症(アスペルガー症候群・高機能自閉症など)、ADHD(注意欠如多動性障害)を中心に、発達障害とその特性、定型発達の子どもへの対応との違い、そして、支援の具体例を生活年齢別にわかりやすくお話していただけます。発達障害のある子への支援に携わっておられる方が、たくさん抱えているであろう「こんなときどうする?」の疑問を、きっと解いていただけると思います。 発達障害に関わる教師・保育士、家族、臨床心理士、医師、保健師、学生など多数の皆様方の参加をお待ちしています。
 

日   時: 平成22年3月20日(土) 13:00~16:00
 
会   場:

香川県社会福祉総合センターコミュニティホール<高松市番町一丁目10番35号>
    TEL 087-835-3334  FAX 087-835-4777
      JR高松駅より徒歩約15分 バス約5分(県庁前または県庁北通下車)
      琴電瓦町駅より徒歩約10分

 
プログラム: 12:30~
13:00~15:30
15:30~16:00
16:00 
受付・書籍販売
講演
質疑応答
終了・書籍販売
 
参 加 費: TEACCHプログラム研究会会員:無料
会員外:1000円(当日受付でお支払いください)
 
お申し込み: こちらの専用フォームよりお申し込みください。
 
備   考: 託児は致しませんのでご了承ください。
 
問い合わせ:

こちらからメールでお問い合わせください。


<講師プロフィール> 内山 登紀夫(うちやま ときお)

☆略歴:

1956年三重県生まれ。
順天堂大学医学部卒業。精神科医師。専門は児童精神医学。順天堂越谷精神医学研究所附属病院、東京都立梅ヶ丘病院を経て、現在よこはま発達クリニック院長及び福島大学大学院教授。
1994年米国ノース・カロライナ大学TEACCH部にて研修。1997年8月から一年間、イギリスのロンドンにてローナ・ウィング先生、ジュディス・グールド先生の指導のもと、アスペルガー症候群を学ぶ。

☆著書:

『特別支援教育をすすめる本』シリーズ(共編著、ミネルヴァ書房) 
『発達と障害を考える本』シリーズ(共編著、ミネルヴァ書房)
『本当のTEACCH-自分が自分であるために』(著、学研)
『高機能自閉症・アスペルガー症候群入門』(共編著、中央法規出版) 他 

|

« 久しぶりの夜遊び(笑) | トップページ | 鬼の霍乱ひさしぶり »

自閉症関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの夜遊び(笑) | トップページ | 鬼の霍乱ひさしぶり »