« 特別支援学校研究発表大会 | トップページ | 昼寝タイム »

2009年11月29日 (日)

学校の研究テーマ

思えば・・・

ノブの母校、通称「附養」は研究校でもあるわけで、年間の研究テーマというものが設定されるのね。

入学した最初のときに、保護者にも研究対象になるかもしれないという旨は説明を受けてるわけでして。(ノブたちの頃はそうだったな、おそらく今はもっときっちり説明されてると思う)

この学校でよかったな、あの時期でよかったな、あの研究テーマの頃でよかったな、ってつくづく思うのは・・・

そのときの研究テーマで実践してくれていたことが、今のノブの生活の中で、かなり、活かされているからですわ。heart04

親が伝えたり、助けたり、伸ばしたりしたものは、ホントに少なくて、

学校の中で得たものの方が多いノブは、きっとある意味シアワセ者だと思います。

だから、

特別支援学校の研究大会には、時間が許せばぜひ参加していきたい。

あの、ノブの頃に感じたものがずっと引き継がれていっているのか、この目で確かめ、安心したいって気持ちがあるのかな?

卒業生のいろんな行事から遠ざかって(ノブは忙しいのですわ(笑))しばらく学校に行っていないので、来年の研究大会は楽しみです。(*^_^*)

ノブの後輩たちの活き活きとした顔を見るのが、けっこう楽しみだったりします。

先生方のがんばりを見るのが、楽しみだったりするのよね。

・・・と、密かにプレッシャーをかけたりする(笑)note

|

« 特別支援学校研究発表大会 | トップページ | 昼寝タイム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特別支援学校研究発表大会 | トップページ | 昼寝タイム »