« 夜のデート | トップページ | いい夫婦 »

2009年11月22日 (日)

沈まぬ太陽

すばらしい映画でした。

日本の作品としては、もちろん、これまでにも大作はいくつかあって、それをワタシが観ていないだけのことだと思いたいけど、REIKOさん的には、「復活の日」以来の大作であり、秀作だと思います。

3時間以上の映画なのに、まったくその長さを感じなかったです。

途中に休憩が入る映画って、「ガンジー」くらいしか知らないぞ(笑)

(ワタシが観た作品では、ね(*^_^*))

ナイトの時間だったからかな、私たちと同じくらいの年代の夫婦連れが多かったです。これも特徴的。

Sizumanutaiyo

あの、123便。あのときの衝撃は、今でも忘れない。

ちょうどあの事故があったとき、私たちは栃木県で住んでいて、ノブを連れての帰郷は時間短縮のために飛行機を使うことも多かった。

あの頃は大阪乗換え便が主だったので、ま、時刻表やANAやTDA(だったかな?)などとの接続の関係で、あの便に乗ることはなかっただろうけど、それでも皆無じゃない。

というよりも、一歩違えば、そんな飛行機に乗っていたかもしれないんだ。

そう思うと、身体が震えた。その感覚を、今でも憶えています。

薄れ行く記憶を、この映画が鮮やかによみがえらせた。25年近くたってなお、家族をなくした人たちの気持ちは・・・。

あの、並ぶお棺が本物のように見え、怖かったです。

一人の会社人の生き様は、あの時代を反映してるなぁと、同じような世代を生きているものとして、感じます。

すばらしい、奇跡のような映画でした。観る価値、絶対ある!

ただひとつ・・・ノブ父の不満が一つ。(笑)

飛行機のCGが・・・・ひどすぎる~!だそうです。あの人は、観点が違うね。

(ま、仕方がないよ。NAL航空のモデルになったところが、撮影協力してくれるわけないしね(笑)sweat01その点でもかなりの撮影苦労があったんだろうね。)

そうは言いながら、映画にはとても感動していたようです。

二人で一緒に観に行けてよかったです。

これから、こんな機会が増えるかな?嬉しいな。(*^_^*)heart04

|

« 夜のデート | トップページ | いい夫婦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のデート | トップページ | いい夫婦 »