« 夜のご様子 | トップページ | バリスタでカプチーノ(~o~) »

2009年9月15日 (火)

サポートブックの書き方の違い

レインボーママさんのブログで取り上げてくださって、

嬉しいREIKOですが、

この機会にもう一度、基本的なツボをお伝えしましょう。(~o~)heart04

・・・・・・

本人目線と親目線の違いは、

単に書き方が違うと言うだけではないのです。

私がなぜ、本人目線のサポートブックにこだわるかと言うと、

作るときの姿勢が、ぜんぜん違うから・・・。

確かに、私が最初にサポートブックを発案したときは、息子の取扱説明書的なものをイメージしていました。そして、そのような形のものを作っていたのです。

(現在も、この形式で作っている親御さんが実に多いと思います)

これが親目線の作り方。

つまり・・・・

<親目線>

わが子に対して、このような形のサポートをお願いしたい。

こういう点に注意を払っていただきたい

親の私から見たら、わが子はこれがネックになってる

だから、こういうことはしないで欲しい。

親である私が、しないで欲しいと思ってる

この情報を参考にして、どうか、わが子が不安定にならずに過ごしてもらいたい

これって、親の思いがこもっている感じなんです。

親である自分から見た本人(わが子)の姿や行動を書いているわけです。

・・・・・・・

では、本人目線だとどうでしょう。

<本人目線>

わが子はこんなとき、どんなことされたらイヤだろう?

わが子はこんなとき、どんな風に接してくれたら安心するかな?

この子の目の高さで何が見えてるんだろう?

私の受け取り方は、この子の気持ちとシンクロしてるのかな?

これを楽しんでいるときって、こんな気持ちじゃないかなぁ?

こんな表情のときは、嬉しいのかな?ホントはイヤなのかな?

もし、この子が自分の言葉で表現できたら、こんなこと言いたいんじゃないかしら。

で、親の私の受け取り方は、間違ってないのかな?実際にわが子と接した第三者の意見を聞いてみよう

・・・・・・・

視点がぜんぜん違うのに気づかれたでしょうか?

親目線で作るときは、どうしても本人と向き合ってるのです。

でも、

本人目線で作ろうとしたら、、本人の横に立って寄り添う形でないと作れない。

だから、

私は、本人目線で作ることをおススメするわけです。(~o~)heart04

このあたりを意識して、トライしてみてくだされ。

作るのが、楽しくなると思います。

楽しくなると、わが子の見え方も自然と変わってくるのです。

|

« 夜のご様子 | トップページ | バリスタでカプチーノ(~o~) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

REIKOさん、あさってまたサポブ研修があります。学ばせていただきましたshine
がんばってきますね~~happy01

投稿: はは亀 | 2009年9月15日 (火) 22:17

>はは亀さん

おお!

研修ガンバレですの(~o~)heart04

視点は始点。
これは変わらぬ、合言葉。(笑)

投稿: REIKO | 2009年9月15日 (火) 23:27

こんにちは。
ポイントをまとめていただき、ありがとうございます。

作るのも、読むのも楽しくなりそうなサポートブックになりますね。
早速作りなおしてみます。happy01

投稿: あーもん | 2009年9月16日 (水) 07:05

REIKOさんの知恵と技の伝授、公開、有難うございます。

太っ腹なご配慮に「お金持ちの奥様」を思わせます。heart01

夫はO型の申年生まれなのですが、REIKOさんも?と思っています。当たりでしょうか?

投稿: レインボーママ | 2009年9月16日 (水) 08:55

>あーもんさん


はい、試してみてくだされ(~o~)heart04

投稿: REIKO | 2009年9月17日 (木) 00:14

>レインボーママさん

惜しい!(笑)
REIKOはO型の酉年です。

おおざっぱで、バタバタしております(笑)

ノブもおんなじ。
酉年のO型。^_^;sweat01

金持ちの奥様ではないが、
事実上の太っ腹です。
この腹、何とか引っ込まないかなぁ~sweat01

投稿: REIKO | 2009年9月17日 (木) 00:16

確かに本人目線の方がより具体的な書き方をしなければならなくなりますね。こちらの方がより実践的な内容になりそうな気がします。

投稿: 介護主夫 | 2009年9月23日 (水) 03:36

>介護主夫さん

より、本人の思いに近づけようとする工夫が見られる書きかただと思います。

もっとも、本当に本人がそう思っているかどうか・・・。少しでも添えているといいな、って考えられる機会にもなります。

そして、面白いことに、子供がよりかわゆく感じてしまうのですわ。(~o~)

投稿: REIKO | 2009年9月24日 (木) 12:03

はじめましてhappy01

REIKOさんのサポートブックの作り方の本を購入し、手書きですがチャレンジして学校の先生にも渡してみましたが、
今回のREIKOさんの記事を拝見して、果たして私は、本人目線で書けたのか?
取り扱い説明書的になっていたのではないのか・・・
ずっと胸に何かがひっかかり、日々を過ごしていました。think
周りにもサポブを作っている親御さんがいなくて、手探りながらの作業なのでいま一つ
納得出来ていません。
サポブの研修等があるんですね。
参加してみたいですnote

投稿: Oji | 2009年10月 5日 (月) 11:03

>Oji さん

ようこそ、いらっしゃいnote
どうぞヨロシクです。

今年の講師依頼のほとんどが、サポートブック作成についての具体的なセミナーが多いです。
まだまだ知らない人も多く、直接、なぜ作ったのか、どう作るのか、どう使うのかを伝えると、すごく興味を持ってくれます。嬉しいことです。

ぜひ参加してみてください。(~o~)

投稿: REIKO | 2009年10月 6日 (火) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のご様子 | トップページ | バリスタでカプチーノ(~o~) »