« 結党!老人党 | トップページ | コントの国の住人 »

2009年8月15日 (土)

終戦の日

物心ついてから、

親の影響で、いや、影響じゃないな

親の教育のおかげで

(なぜなら、私はこういう自分に育ったことを、親に感謝しているわけで)

8月15日の終戦の日の正午の黙祷は、欠かしたことがない。

時には、映画館の中で上映中の映画を観ている途中だったり(高校生のときだったな)

時には、スーパーのバナナ売り場の前だったり(う~ん、これは4,5年前だ)

そして今年は、ノブ父のお父さんの病室で、密かに行った。

(ちょっと、調子を崩して、ノブ父のお父さんはお盆を病院で過ごす羽目になっちゃいまして・・・)

場所はどこでもいい、

どんな状況のときでもいい、

もっといえば、時間もそんなに気にしなくてもいい。

ただ、自分の中の決まりごとだというだけのこと。

要は・・・・

私が、どう、したいか。

なにを願うのか。

なにを心に持ち続けるのか。

ということだと思うのです。

8月15日。

お盆の終わりとともに、この日を迎える。

8月はいろいろと、考えることの多い月だということを

日本人は、忘れてはいけないと思う、その日です。

多くの尊い命と、その後の多くの人たちの努力に

感謝と、合掌。

|

« 結党!老人党 | トップページ | コントの国の住人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結党!老人党 | トップページ | コントの国の住人 »