« 幸せもの?お気楽もの?(笑) | トップページ | 散歩帰り »

2008年11月 5日 (水)

父との会話

昨日、父と話しをしていて、私、大きな間違いをしていたことを知ったのです(笑)sweat01

「WOWOWで『俺は、君のためにこそ死ににいく』観たけど、父さんがいたのは、知覧やろ?」

「いや、知覧には行っとらんぞ」

「え?特攻志願兵だったんやろ?」

「わしがいたのは、鹿屋。」

「かのや?」

「そうや」

「知覧ほど有名やないやん(失礼な!(笑))」

「知覧は陸軍。鹿屋は海軍や」

「なるほど・・・で、なんで知覧のほうがよく描かれるんだろう?」

「鹿屋は先に出撃してたから、飛行機なくなったんや(ほんまか?)」

「飛ぶもんがなくなったんや」

「わしらは、回天の訓練してた」

「人間魚雷のほうやったんや!空かと思ったら、海やったんや!」

「そうや」

・・・・・・・・・・・・

父とは私が若いころから、いや子供のころから、いろんな話をしたな。

文学の話、思想的な話、人生哲学の話(硬いねぇ)、政治の話、倫理的な話・・・

いろんなことを教えてくれたっけ、それは今でもだわ。

父の書庫にあった「実務刑法」の本なんて、面白くて読みふけった経験が・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・

私が何を聞いても、いつも穏やかな笑顔で答えてくれる父は、

きっと、若いころの経験を胸に、誰よりも平和を愛しているんだろうなぁ。

そんな気がした、秋の午後でしたわ。

|

« 幸せもの?お気楽もの?(笑) | トップページ | 散歩帰り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せもの?お気楽もの?(笑) | トップページ | 散歩帰り »